記事リスト

爪が食い込んで痛い

男女

症状に応じた治療を

爪が内側に深く曲がってしまった状態を巻き爪と呼び、足の親指などによく見られます。放置しておくと皮膚に食い込んで痛みを感じたり、炎症を起こして化膿したりすることがあります。巻き爪になってしまったら、皮膚科の病院を受診すると良いでしょう。東京では美容外科や形成外科などでも、巻き爪の治療を行っているところがあります。巻き爪の治療方法には多くの種類があり、費用や治療期間に大きな違いがあります。東京でクリニックを選ぶなら、どんな治療を受けられるのか、事前に確認しておくことが大切です。軽度の巻き爪なら、痛み止めの飲み薬や塗り薬で症状を抑えることができます。また炎症を起こしている場合は、局所麻酔をしてから患部の爪を切ります。いずれも保険が利くので、治療費は比較的安価です。重症の巻き爪にはフェノールという薬剤で爪の根本を破壊し、巻いている部分の爪を生えてこなくする治療法があります。やはり保険が適用され、治療費は1万円程度になります。また東京の医療機関では、ワイヤーやプレートで爪を固定し、曲がった部分を矯正する治療法も選べます。こちらは保険が適用されず、数万円程度の治療費がかかります。また半年から1年ほどの治療期間が必要ですが、痛みがなく生活に不便を来さないというメリットがあります。巻き爪の治療が不十分だと、再発してしまう可能性があります。同じ東京の皮膚科でも、巻き爪治療の経験が豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。

Copyright© 2017 多くの人が抱えている爪トラブル|巻き爪の症状を改善させよう All Rights Reserved.